【悪夢】は脳を健康にする!悪夢の隠された意味とは。~横浜心療内科コラム

こんにちは、ゆうきゆうです。

皆さん日々、いいものから悪いものまで、いろんなを見られると思います。
追いかけられる、殺されてしまう…など、悪夢を見てしまった日はつらい気持ちになることも多いでしょう。
ゆうメンタルクリニックにいらっしゃる患者さんも「悪夢を見るんです」とお話してくださることがよくあります。
それでもなぜ、人は悪い夢を見るのでしょうか。

それではまず、「睡眠」についてお話していきましょう。
睡眠には「レム睡眠」「ノンレム睡眠」の2種類があります。

「レム睡眠」のレムというのは、REM(Rapid Eye Movement)を指しています。
この睡眠のとき、目はぎょろぎょろと動き、脳は活発に活動しています。
反対に、「ノンレム睡眠」という状態もあります。
こちらは脳が休んでいる状態です。
そしてというのは、「レム睡眠」のときに見られるといわれています。

脳が休むのは、もちろん疲労するからです。
しかしこの疲労は、筋肉のように「たくさん動かすこと」が理由ではありません。
脳は「退屈」によって疲れてしまうというのです。

人は「楽しい」「幸せ」と感じているとき、決して眠くなることはありません。
好きな人と一緒にいたり、ゲームをしているときは長時間になっても、なかなか眠くなったりしませんよね。
しかし、魅力を感じない相手やつまらない勉強をしていると、一瞬で眠くなるはずです。
「同じことの繰り返し」「つまらないこと」で退屈になってしまう、これこそが脳の疲労の正体だと考えられています。

このときに活躍するのが「レム睡眠」であり「夢」です。
夢の中ではまるで別世界に旅立つように、普段にない刺激を味わうことになります。
この刺激は、脳をウォッシュ洗ってリセットするような作用を持っています。
そのため、寝て起きた後、人はスッキリとした感覚を味わうことができるのでしょう。

特に「悪夢」は良い夢よりも刺激的なため、より脳を洗う効果が高いと言えます。
殺される夢はまさにそうですね。
そんなサスペンス映画のようなことは日常で経験する可能性が低いため、刺激も強いです。
気持ちとしてはつらいかもしれませんが、「脳に刺激を与える」という目的においては、大変意味のある夢なのです。

そのため、悪夢を見てしまったときは、つらい気持ちにとらわれるだけではなくて
「これで脳がスッキリしたんだな」
「この夢を見る意味があったんだな」

と考えてみてくださいね。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。