スピーチの効果を魔法のように150%アップする技術~横浜心療内科コラム

こんにちは、ゆうきゆうです。

自分は色々なイベントなどでスピーチをさせていただくことがあるので、
『人前で話すと緊張してしまうのですが、どうやったら落ち着いて話せますか?』というご相談をいただくことがあります。

非常にシンプルですが、最も有効な方法は「段階的に」練習することです。

話すことが決まっていたとしたら
例え1分でもいいので、まず一人でシュミレーションをしてみましょう。

それができて余裕だと思ったら、
次は親しい人の前でリハーサルをしてみましょう。
相手は家族・友達、誰でもOKです。
「本番の前に、聞いてくれないかな?」と、その人の前で軽く話してみましょう。

これらは、恐怖症の治療にも使われる手法です。

例えば、電車に乗るのが怖いという人なら
電車乗る前のホームまでまず行ってみます。
ここで大丈夫でしたら、一駅だけ乗ってみる、と少しずつ目標の行動に近づけていきます。
段階的に慣らしていくというのは、何かを見につけたり・克服するときにとても有効なのです。

スピーチの場合も
最初は1人で、次は誰か1人の前で、余裕があれば2、3人の前で、というのがおすすめです。
そうすると、本番に臨むころにはかなり緊張しづらくなっています。

全てにおいて、「段階的」な行動は重要です。
例えば、ビジネスで電話営業をしたいとき。
まずは誰にもつながっていない状態で、しかし電話をするポーズは取って、1人でリハーサルしてみます。
その上で本番に臨めば、慣れた分伝えたいことが話しやすくなるはずです。

好きな人に声をかけるとき、特別なお誘いをしたいときも一緒ですね。
ちょっとしたトークの練習をしてから声をかけるだけでも、実際行動するときに話しやすく感じます。

そして練習で得られるのは「緊張しなくなる」ことだけではありません。
『相手に慣れた印象を与えられる』こと、これも非常に重要です。
慣れる=習熟することは、相手に与える印象も左右します。

誘われる側というは、声をかけてきた相手が緊張して不安そうだと
「なんか誘われてるけど、別に応えなくてもいいんじゃないか?」と、冷めた気持ちになってしまものです。

一方、自信満々に「○○行こうよ!」「△△しましょう!」と言われると
「相手も自信があるようだし、自分もやるべきなんだ」と、態度によって気持ちが動かされることもあります。

そして、相手を動かせるくらい自信をつけるためには、もちろん練習が一番です。
始めにお伝えしたように、不安を感じるときは、「段階的な練習」を意識的に行ってみましょう。

何か少しでも参考になることありましたら幸いです。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

Youtube はこちら

Voicy はこちら

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。