Twitterと5ちゃんねるの、誹謗中傷の違い~横浜心療内科マンガ

Twitterと5ちゃんねるの、誹謗中傷の違い~横浜心療内科マンガ

ネット上では多くの誹謗中傷がありますが、その誹謗中傷を書く人には、一定の傾向があります。
まず、5ちゃんねるなど、匿名掲示板では「顔見知り」が書いていることが多いものです。
開示してみると、「うわ…。あの人だ…」「あの友達だ…」「あの知り合いだ…」という結果になり、かなり気まずくなります。
おそらく書き込む本人も、「間違ってもバレたくない」と思っているからこそ、他の手がかりが存在するSNSではなく、匿名掲示板を使用するわけです。
しかし結局、開示されてバレてしまうので、かなり切ないことになります。

逆にTwitterなどのSNSで誹謗中傷する場合、開示してみると「誰これ…?」「見たことも会ったこともない…」という結果になることが多いようです。
匿名掲示板では知ってる人で、アカウントを持つSNSでは逆に匿名、というのが、逆転現象のようで面白いですね。まぁ書いた方にとっても書かれた方にとっても一切面白くないんですけども。
しかしSNSなどでは、とにかく見たことも会ったこともない人にたいして、書かれた人が開示したくなるほどの悪口が行われることがものすごく多い、ということです。これは結構すごいことだなと。
そして開示し、その書いた人に「なぜ書いたのか」と聞くと、本人は「いや、そこまで悪い意図はなかった」「ただみんなが言っているので、自分も言っただけ」という反応をすることが多いようです。
まったく本人に悪い意識がないまま、「あいつが悪い」「あの人間はこう言われて当然だ」と固く思い込み、エンドレスに悪口を書き続けてしまう、というのは、リアルに一つの病理のように思えます。

現在、三冊のマンガと本が出ています!

心理学は役に立たない!? 3巻

マンガで分かる心療内科19巻「ゲーミフィケーション編」

⇣こちらも Kindle 電子書籍の新刊です! ぜひ!

「ストレスは身体に悪い」と考えるのが間違い!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。