死因一位の「自殺」から家族を守る、究極の「飲み物」とは?~横浜心療内科コラム

こんにちは、ゆうきゆうです。

日本の若者の死因第一位が「自殺」という、悲しい事実があります。
果たして自殺を防ぐにはどうしたらいいのか、ご家族やお友だちのことが心配になったときにできることを、今回はお話します。

まず、自殺をしてしまう最大の要因は、自分の悩みをいつまでたっても外に出せず、ひとりで抱え込んでしまうところにあります。そして抱え込みすぎた末に、自殺へ走ってしまうのです。

だからこそ、例えばメンタルクリニックにかかったり、カウンセリングを受けたり、あるいは遊びに行ったりと
誰かと「共有できる時間」を持つことが重要になってきます。

そして一番良いのは、「話すこと」です。
しかしながら、実際話そうとしてもなかなか難しいものですね。

例えば
「今日何してたの?」と聞いても
「いや別に」

「ハマってることとか、好きなことない?」と聞いても
「わかんない」

で終わってしまえば、それ以上聞き出すのが難しいこともあるでしょう。
ここで試していただきたいのが、もっとシンプルな方法

「一緒に食べる」ことです。

例えば外で美味しい料理、お菓子とかもしくはお茶などを買ってきて
「一緒に食べようよ」
と言うのです。

すでに食事を一緒にしている場合でも、コンビニやスーパーでも構いませんので、お菓子などを買ってくれば、食事以外の時間で一緒に過ごす理由付けができます。

相手も「買ってもらった」という手前、歩み寄りの気持ちがわいてきます。
そのため、ただ話しかけるよりも話もしやすくなるのです。
また、話が広がる可能性も高まりますね。

お菓子というと、ダイエット中だから乗り気じゃない、という方もいるかもしれませんね。
最近はローソンに行くと糖質制限スイーツ等もありますので、個人的にオススメです。
間食をしないんだ、という人なら飲み物でも良いでしょう。
この方法は本当にどんな人が相手でも実行できます。

そして究極のところ、話をしなくてもOKです。
「一緒に」何かを飲んだ・食べたという時間は、相手にとって「癒し」「嬉しさ」を感じさせてくれるものになります。相手にその気持ちを感じてもらうことが何もよりも重要なのです。

ここで、「お酒を一緒に飲むのもどうか?」という意見もあるかもしれませんね。
確かに、親しみを生み出すためには素晴らしいことだと思います。
ただ、「夜だし、お酒だし、ハードルが高い…」と相手が感じることも考えられます。
またアルコール依存症の危険性もありますので、あまりオススメできません。

ですので、なるべく軽く一緒に口にできるような、お菓子・飲み物で試してみてくださいね。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。