ダイエット中にありがちな言い訳をする女子

ダイエットにおいて「糖質制限」という考えはとても重要です。
その基準をもとに、ケーキの一つ一つの成分について考えてみましょう。

・イチゴ

果糖が多く含まれています。
血糖値への影響よりも、ダイレクトに中性脂肪の値を上げるとされていますので、もしダイエットをしているなら、あまり積極的に食べない方がいいかもしれません。
よく「ビタミンが多く含まれている!」という理由で食べる方もいますが、果糖のマイナスと比べてどっちが大きいか、という判断になるかと思います。
とはいえ、全力でご飯やパンの炭水化物を多量に食べるより、たまの楽しみとしてフルーツを食べるくらいなら、アリなのかな、と思います。

・生クリーム

こちらは糖質量はそこまで多くなく、意外に「糖質制限OK食材」です。
ただ砂糖を入れて甘くした場合、糖質量は格段に増えますので注意が必要です。
生クリームを食べるなら、血糖値を上げない「ラカント」「パルスイートゼロ」などを使用しましょう。
ただ、何にせよ一定量の糖質は含まれますので「生クリームなら無限にOK!」と思って食べ過ぎると危険です。気をつけましょう。

・スポンジ

キングオブ糖質です。
小麦粉を主たる原料としています。スポンジ、という名称でフワフワしていますがほぼ誤差です。大量の糖質を含みます。さらに砂糖も含みます。
もしケーキを食べる場合、スポンジなどを避けるのが無難ですが、それはそれで「残す」ことになってしまいますので、糖質制限を考えているなら、最初から糖質制限ケーキを作るか、食べないのが無難ではないかと思います。
色々な意味で、ダイエット中の方の参考になれば幸いです。なるのか。

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。