自殺の瞬間まで持っていたもの~横浜心療内科マンガ

マンガのように、自殺をするとき最後まで携帯電話を持っていた、という例が多くみられます。
固い決意・確信を持って行っているのわけではなく、常に心は揺らいでいるのです。
もしあなたの周りで気になる人がいたら、電話でも、一言メッセージを送るだけでも構いません。
どうか行動することをためらわないでください。


上記のマンガも掲載している、「マンガで分かる心療内科 うつを癒す話の聞き方編」発売中です!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。