ノーをイエスに変えるために「3回」言え!~横浜心療内科コラム

こんにちは、ゆうきゆうです。

あなたは誰かを誘ったり・何かをお願いをしたい、と思ったときに、相手に「イエス」と言ってもらうための秘訣をご存知でしょうか。

テキサスA&M大学の心理学者シャーレン・ミューレンハード博士が調査したところによると
誰かにお願いごとをされたとき
イエス=「やってあげたい」という気持ちがあったとしても
なぜかノーと答えてしまう人が39.3%=約40%もいたとされています。

「○○やって!」と言われて「うん、いいよ」とすぐに答えるのが普通というイメージがありますが、この調査より、とりあえず「ノー」拒絶してしまう人が一定数いるのだということがわかりました。

「イヤよイヤよも好きのうち」という言葉がありますが、この「ノー」という回答も
『相手の強制に従いたくない』であったり
『すぐにOKするのはもったいない』
という心理が働くことが要因だと考えられます。
(もちろん、心の底から「ノー」と言っている人もいるのでご注意ください。)

よく言うツンデレ像もそうですね。
「イヤだ、やりたくない」
「アンタのためにやったりしないんだから!」

と言いつつも、実は心の中は「イエス」だった、という展開は、昔から物語などでもよく描かれています。

現実でも「ノー」の中に「イエス」が隠れていることが多々あるのです。

そのため、個人的に一番オススメしたいのは
『同じことを3回言う』です。

もし何かお願いして「ダメ」と断られたら
少し時間が経った後で、
「やっぱりそれでもお願いしたい」と言ってみましょう。

1回目は40%でネガティブな答えが返ってくるわけですから、2回、3回と繰り返すうちに、60%の確率で「イエス」が返ってくる可能性もあります。
多くの人が控えがちかもしれませんが、何度もお願いすることは、実は良い手だと言えるのです。
もししつこいと思われそうでしたら、もちろん潔く引くことも大切です。
しかしお願いや、好意を示すとき、仕事の提案などの際、相手の1回目の「ノー」で諦めるのは、非常に惜しいことです。
なぜなら、相手の中には「イエス」が隠れているかもしれないからです。

『どうしても引き受けてほしい』
『本当にすごく好きなんだ』
『是非御社にこちらをお願いしたいんです』

これらを何回も伝えているうちに、信憑性信頼性は増していくため、相手も
「まあ、そんなに言うんだったら…」
という気持ちになるかもしれません。

これはお願いや提案だけに限りません。人生においても同じです。
やりたいとことがうまくいかなかったとしても、諦める必要はないのです。
例えば、もし受験がうまくいかなかったとしても、もう1回受け直せば合格することも十分あり得ます。

「1回だけで諦める」ということほど、もったいないことはありません。
まずは3回言ってみる・やってみることを意識してみてくださいね。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

Youtube はこちら

Voicy はこちら

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。