「ヘソ」を使えばデートの成功率が倍になる、と言う話。~横浜心療内科コラム

こんにちは、ゆうきゆうです。
恋愛でも、ビジネスでもすごく好かれる人・なぜか好かれない人という差がありますね。

この差は何によって生まれるのでしょうか。

今回は、どんな好かれない人でも、劇的に「好かれる人」に変える方法についてお話します。

有能な医者・無能な医者

様々なタイプの医者を対象に、印象に関する調査が行われました。
具体的には、医者たちがどの患者に・どういう風に接し、そして患者たちにどんな医者だと判断されたか、という点が調べられました。

すると、一つの法則が見えてきました。
患者に体を向けて、患者のことをしっかり見ている医者ほど「有能だ」と判断されることが多かったのです。

反対に、医者が体を患者さんの方に向けず、顔も見てもいないような場合は「無能な医者だ」とみなされることが多かったのです。

当然ですが、医者の能力は普通「知識がどれだけあるか」や「経験値がどれだけあるか」などで判断されるはずでしょう。しかし患者たちにとって、それらの情報はあまり関係ありませんでした。
この法則に従って考えると、薬の扱いや手術がうまく、病気を一瞬で治せる医者だったとしても、患者の方を向いていなければ「この医者は無能だ」と判断されてしまいます。
逆に、失敗ばかりしてるような医者でも、患者さんの方を向いて話す人でしたら「この先生は有能だ!」と判断するでしょう。

人間は簡単なところで印象が左右されてしまう、ということが分かる調査ですね。

「おへそ」を意識すると…?

そしてこの法則、デートなどにも使えます。
以前にも、「相手の目を見ることは非常に重要」というお話をさせていただきました。
また、目を見ると緊張してしまう場合は、眉や鼻など目の周辺を見るだけでも相手に良い印象を与えられる、ともお話しました。

しかし「ちゃんと見ているつもりなのに、それでもこっちを見ていないと言われてしまう」という場合、
その人は「体」を相手に向けられていないことが考えられます。
体を向けていないと意識が別の方にそれてしまうこともあるでしょうし
相手の「こちらを見てくれている」という印象も弱まってしまいます

ここで、体を向けるときに重要なのが、
「おへそ」を意識することです。
肩だけ入れるのではなく、「おへそ」ごと向けるのです。

「カウンター席など横並びになる場面はどうしたら?」
と疑問に思われた方もいるかもしれませんね。

その時も出来る限り上半身を回転させて、相手の方を向くことを意識してください。
この意識だけでも、あなたが相手に注目している印象が高まります。

おへそで少し思い出したのですが
幼いときに、「雷様の前でおへそを出していると、とられてしまう」という話を聞いて
子供心に
「別にとられてもいいじゃん」
「逆におへそって汚れがたまったりするから、ない方が効率的では?」
と、取ってもらえないものかなどと思っていました。

でももしとられていたら、お風呂へ入るに違和感もあるので、とられなくてよかったなと。
当たり前なことを悟りながら今日も生きております。

何か参考になることがありましたら幸いです。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。