マンガ原作者と作画者、モテるのはどっち!?~横浜心療内科コラム

こんにちは、ゆうきゆうです。

先日、『漫画原作者』と『作画者』についてのお話をさせていただきました。
自分も同じように、『マンガでわかる心療内科』など作らせていただいていますが、
最近、同じように二人で作られる作品が増えてきて、時代が変わってきたなと感じます。

そしてふと、二者のある違いに気づきました。
皆さんは、『漫画原作者』と『作画者』、どちらの方が人気=モテる と思いますか?

SNSのフォロワー数などで比較したところ、多くの場合
『作画者』の方がフォロワーが多いようです!

同じ作品を作られている方々を見ても、
『漫画原作者』がフォロワー数千人なら、『作画者』は数万人と、10倍近い差が出ているのを見受けられます。

もちろん『漫画原作者』で人気の方もいらっしゃいますが、『作画者』の方々は総じて人気です。

理由としては、2つ考えられます。

1点目としては、『作画者』の方はもともとご自身で考えられたストーリーや作品を投稿しており、その時代からのファンもいること。

2つ目は、『憧れ』の強さです。

人は、自分にできないことをできる人に憧れます。
『漫画原作者』はストーリーを作っているので、その行為は日々の思考や読み書きの延長線上にあります。
「自分でも書けるのでは?考えられるのでは?」と思う人も多く、なかなか強い憧れは抱かれにくいと考えられます。
一方で、『作画者』の絵は誰でも描けるものではなく、全ての人が日常で行っているわけではありません。そのため、憧れが強くなり、人気が数字に出てくるのでしょう。

また、印象に関する心理学実験で、次のようなものがあります。

被験者の数人にクイズの「司会者」をさせ、問題の出題や答えの解説をさせたところ、司会者役の人は「頭がいい」という印象を持たれやすい、という結果が出ました。

俳優も同じように、映画の中で正義感のある役をしていれば「この人は普段から正義感が強そう」というイメージを持たれるものです。
また、映画の『監督』と『俳優』の位置づけも、『漫画原作者』と『作画者』に似ているかもしれません。
映画が売れると、監督よりも女優・俳優への注目が高まる傾向がありますね。

『作画者』も、一番読者の視覚に訴えるもの=絵を描いているため、マンガのドラマチックさや面白さが、そのまま『作画者』のイメージになりやすいのでしょう。

このように『漫画原作者』と『作画者』の人気度や印象について考察してみました。
今回ご紹介した心理を日常に活かすとするならば、偉人の名言などでもいいので、知識を身につけて使ってみることをオススメします。
口に出すだけでも、言葉のイメージがそのまま言った本人の印象に影響するため、会話や発表等の際に、あなたの印象をアップさせることも可能ですよ。

何か参考になりましたら幸いです。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

Youtube はこちら

Voicy はこちら

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。