心理学コラム:死因1位の自殺を防ぐ方法~横浜心療内科コラム

こんにちは、ゆうきゆうです。

つい最近のニュースで、これは!と思ったものがありました。
若年層(15~39歳)の死因1位が『自殺』だということで、大きなニュースとして話題になっていました。
死因1位が自殺というのは、先進国では日本のみのため深刻な事態だという話になっています。

日本人の自殺が多い理由として、まずうつ病があります。
そしてこれは、女性よりも男性の方が多いと言われています。

男性の方が自殺しやすい?

実際、メンタルクリニックに来られる割合は、男性より女性の方が多いです。
これは女性の方がうつになりやすいという意味ではなく、女性と男性のコミュニケーションの違いによって生じています。

例えば女性は、何かあったらすぐに
「メンタルクリニックに行こう」
「友達に相談しよう」

となるように、自分が感じたことは早く言う、ということに長けています。
そして、誰かに相談したりメンタルクリニックに行った結果、ある程度症状が落ち着いて、自殺までは至らないのです。

一方、男性というのは「どこも頼れない」という人が多いです。
自分の中でなんとか解決しよう、と色々と溜め込んでしまって、「もうダメだ」となったときに自殺に走ってしまうという傾向があるのです。

特に、中年男性でお酒をたくさん飲んでる方・毎日ようにお酒飲んでる方は自殺率が跳ね上がっているというデータもあるので、普段からお酒を飲んでいる方は、より気をつけるようにしていただきたいところです。

自殺を防ぐには、とにかく相談できる相手を作っておくことが大切です。
もしそういう相手がいない、ということでしたら、メンタルクリニックでも気軽に来ていただければと思いますし、それも難しければ、日記を書くだけでも十分に意味があります。
今日あったこととか感じたことを書くだけでも、気持ちが整理されてラクになったりします。

いずれにしても、自殺というのは放置しておいていいものではないので
「ちょっと気持ちが落ち込んだ」と思ったら早めに自分の外に出す、ということを意識していただければと思います。

また、やはり感染症の問題も自殺の増加に関係があると考えられます。
自粛要請などもあったように、人となるべく接しない、とかイベントにも行かないことが「善」「正義」とされる風潮があります。

正直、個人的にはあまり賛成できません。
人と会うことやイベントなど、『発散する場所』というのは人間にとって重要です。
感染防止対策は取りつつも、意識的に行っていただけますと幸いです。

「自殺が死因1位」の裏に見えるもの

そして「死因1位が自殺」というと、いかにも悪い事のように報道されていますが、
自殺が1位ということは、他の死因はそれに比べたら、そこまで多くないということも示していると思うのです。

健康問題・病気で亡くなる方が少ないということですので、それだけ日本人がボディ的には健康だ、という証明でもあるのではないか、と個人的には思ったりもします。

そもそも日本は国民皆保険制度と言いまして、国民なら誰でも保険ですぐ病院にかかれます。
アメリカですと自費だったりするので、なかなか気軽に病院にかかれないという事情も多いようです。

そう考えると、日本人は健康管理面ですごく恵まれていると思います。
ですので、今回の結果を受けて、「自殺が多いなんて日本はひどい国だ!」と思うのではなく
体の健康が守られている証拠でもあるんだ、と自信を持っていただく方がよいのではないかと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

Youtube はこちら

Voicy はこちら

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。